留学なし英語ペラペラブログ

このブログは、筆者が留学をせずに、英語を上達させる内容となっております。

バスケの日

10月に入り、外食をしている人が増えているように感じます。

広尾付近のテラスで外国人の方が食事をしている姿を多く見受けられました。

なんの警戒もせずに、外食ができるように早くなってほしいですね。

外国人の方ってテラスが好きなイメージがあります。

開放的な空間が好きなのかもしれませんね。

私もテラスが好きです。

開放的で気分爽快ですからね。

どうも、アポーです。

今日も英語を楽しみましょう。

 

 

 

 

言葉のいらないコミュニケーション

今日はバスケに行きました。

私のイメージでは外国人の方は、遊びでも真剣にプレイすることを好んでいるように感じます。

勝負ごとですからね。

また、真剣なプレイをすれば、言葉は喋れなくても気持ちを通じ合うことができます。

これがスポーツはいいですよね。

ルールは世界共通。

話せなくともプレイで人となりが分かったりします。

英語を始めてから、スポーツの素晴らしいさを再確認できています。

 

 

やっぱ身体能力高い外国人

ジャンプ力、体格、やはり外国人の方には体の強さを感じます。

華奢な日本人が勝つには、正確さとテクニックです。

正確さは、いかにシュート率を高めるかです。

シュートは誰よりも練習しないといけませんね。

ちなみに難しいシュートを決めるのではなく、簡単なシュートいかに決めるかが大切です。

テクニックに関しては、超絶うまいハンドリングではなく、シンプルに相手をかわすテクニックを磨くべきです。

そのためには攻め手の選択肢を増やして、相手に的を絞らせない環境を作ること。

そうすることで、相手との駆け引きに勝つ可能性が高くなります。

外国人はこの辺が上手ですね。

難しいことをせずに、シンプルに点を重ねていく。

うまい人ほどそうです。

この辺は日本人が見習わなくてはいけない部分かもしれません。

 

 

更衣室でコミュニケーション

私はいつも試合が終わったらシャワーを浴びるのですが、そこは会話をする絶好の機会です。

また、話さなくても、外国人同士の会話が聞けるので、無理に会話に入っていかなくても耳が鍛えられます。

私は無理に複数人の中には入っていかず、2人で話せるときに話すようにしています。

会話に詰まったら相手のことを褒めるようにしています。

かっこいいシューズを履いていたら、それを相手に伝えたりしています。

そんな風に、英語を少しでも話すように心がけています。

 

 

今日はバスケの内容が色濃くなってしまいましたが、何が言いたいかというとスポーツはコミュニケーションに良いということです。

あなたも、自分の好きなスポーツで外国人の方と触れ合う機会があるのならば、積極的に参加するのはいかがでしょうか。